山口 隆司
 

プロフィール

京都府出身

作業療法士の資格を取得後、リハビリテーション病院、社会福祉協議会にて身体障害、老年期障害領域の患者様および介護家族の治療・支援にあたって来ました。勤務の傍ら大学・大学院にて社会福祉学を学び、その後作業療法養成校の教員となり現在に至っています。

専門領域および研究テーマ

[地域作業療法・老年期障害作業療法]

老年期障害者および介護者が地域で生活を行っていくための援助技術、理論を作業療法の観点より研究を実施しています。わが国では多くの作業療法士が病院で臨床活動を実施しています。今後は地域在宅においても作業療法の知識・技術を患者様および介護家族に総合的に提供していくことが必要不可欠だと考えています。
                            kiuibird1ss.jpg

講義科目

学 部 : 老年期障害作業療法学、地域作業療法学、管理運営学 他
大学院(修士課程) : リハビリテーション援助特論? 特別研究 他

ゼミ紹介

私の専門領域において研究テーマを自発的に学生自身が検討できるようにしています。又学生が研究に没頭できるようにフィールドの確保も含め出来る限りサポートをしています。その他、研究指導のみならずゼミ研修旅行やゼミOB・OGを交えての研究交流会など和気藹々と行っています。指導教員対学生の構図ではなく、学部3回生、4回生、院生など横の関係も大切に考え運営に当たっています。今後現場の作業療法士の方々とのより一層の研究交流も視野に入れ元気いっぱいのゼミにしていければと思っています。
                         kiuibird1ss.jpgkiuibird1ss.jpg

好きな言葉

「一隅を照らす」 一隅とは今自分がいる場所のことであり、今自分が置かれている 場所で人からの評価を受けなくとも一生懸命努力し光り輝くことを言います。結果人々を照らすことになるというものです。

作業療法士をめざすみなさんへ

作業療法士の仕事は一生をかけるにふさわしい奥深い仕事です。具体的には障害があってもそのひとらしく最後まで生きていく、生活していくことへのサポートをしていく仕事です。その為には作業療法学をはじめ多くの医学、心理学、社会福祉学、等の学びが必要です。さらには人の痛みが共感でき自分のこととして援助できることが大切です。これらは一朝一夕に学び行えることではありません。本学科、ゼミを通して我々教員とともにがんばつていきましょう
            kiuibird1s.jpg    kiuibird2s.jpg  kiuibird1ss.jpgkiuibird1ss.jpg




                   前のページに戻る >> 教員紹介



添付ファイル: filekiuibird1ss.jpg 1351件 [詳細] filekiuibird2s.jpg 1224件 [詳細] filekiuibird1s.jpg 1228件 [詳細]
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-06 (火) 14:34:13 (4611d)